pan-pacific music


パンパシフィック音楽という言葉をご存知ですか?

今日のゼミで読んだ(読まされた)論文はオセアニア諸地域の文化圏におけるポピュラー音楽についてでした。(今日は大量だったので、死にそうでした・・・。ホントに。)オセアニアはその距離の広がりにも関わらず、音楽の表現に共通性があったり、自由に他の地域の音楽の特徴を利用したりする、自由さが特徴だったりします。もちろん、ハワイなどのように、絶対に譲れない「独自性」を主張する地域もありますけれど。

そんな中で、研究者がパンパシフィックポップスと呼ぶ音楽があります。それは、
1)欧米のポップスの影響を強くうけ、自分たちの言語に置き換えたようなポップス。あるいは、2)「タヒチの歌をハワイアンテイストで行った演奏を、マオリの人たちが自分たちのパフォーマンスの中に取り込んだ」よう状態があるとします。このように、パシフィックを漂っているような音楽もさします。

Jane Moulinさんがなかなかよい研究をされています。