competition in Japan

雑誌やイベントの案内などを見てつくづく思うのですが
昨今、日本でハワイアンの関連のイベントが多くなりましたね。
特に、フラ競技会などの、業界内むけのイベントが
急増しているように思います。
 
 
個人的には、競技会は好きです。
競技会はフラ教室やレイメイカー、ミュージシャン、
衣装を担当する方々など、関連する業界を活性化させ、
フラの技術自体も格段に向上する促進剤になります。
その中でも、私が好きな理由は、
競技会に向かうダンサーの心持です。
競技会に向けて励むダンサーの一途さが
私は大好きです。
 
残念なのは、競技会に参加するダンサーや教室同士で
連帯意識がまだ低いということです。
「優劣が判定される場」としての“競技会”から
「同じ志を持つ者の集う」“祭典”へと意識が移行したら
もっと素敵だろうになって思います。
 
同じ先生を支持しているという縁から
何かと人手の必要な競技会会場でお手伝いをしている
先生やダンサーを目にする機会が増えてきました。
こうした環がもっともっと増えていくといいな。