2015 12/4-5@山形米沢、OKITAMA HAWAIIAN FESTIVAL 

山形米沢、初上陸してまいりました。同行ミュージシャンの松井貴志氏のブログにならって、今回は旅と写真的なご報告を。(このブログ的には番外編になりそうですね。)

今回の演奏のトリオは西里慶さんと松井貴志さん。今回もまた、お世話になります。

旅館についてみたら、すごい雪!!ポストのお帽子かわいい。

白布温泉郷に宿泊したのですが、このあたりは木が深く大きく、自然のなかに包まれる感じでした。お部屋から見える木のサイズが遠近法的に何か不思議。


わたくしは前日は終日フラのレッスン。移動距離も長く帰宅が深夜で、くたくたの体を2時間やすめての、山形移動でした。サウンドチェックなど、コンサートの下準備を終え、男性方は一足先に宿へ。私はそこからフラのワークショップ2クラスやらせていただいた関係で、旅館入りは9時くらい。レッスン中に一時意識が遠のくような感覚を覚えつつ、雪の降る凍れる路を案内されてたどりつくと、湯気のたつ温泉とあたたかいお食事が出迎えてくれました。とても幸せでした。

間もなくどやどやと、西里&松井氏がお酒をもって登場。なんでも、5時間近くもの間、お酒とお湯とお馬鹿な楽しい会話をずーっとしていたのだとか。よれよれっとした私の前に広がる、お御馳走と陽気な男性たち。酔っていても、松井氏は優しくどこまでも紳士なままですし、西里氏はウィットにとんで場を楽しく作り、労をねぎらってくださろうとしています。(そういうそぶりをみせませんが、実は彼らのほうが私以上に日頃はタイトな生活をおくっているんですよね。)両名ともにお酒は大好きな方たちですが、どっちの方がお酒強いのかなあ。(左下は西里氏が装ってくださったご飯。)


翌日のハワイアンフェスティバルはすこぶる盛況でした。フラ/タヒチアンダンサーだけでも150人くらい、お客様も400名超えだとか。フラとハワイアンミュージックのおかげで、日本各地を訪れて新しい方達と出会えて、幸せなことだなあって感謝しています。関係者のみなさま、ほんとうにお疲れ様でした。そして今後もこのイベントがますます発展していきますように!