2018年 amaotoとソロと


昨年は2つのアルバムを制作しました。ひとつめはバンドでAMAOTOのアルバム。仲のいいミュージシャンの西里慶さんと松井貴志さんとでユニットを組みまして、さっそくCDを作ってみました。録音して行く中で自分たちのサウンドを発見して行くようなプロセスを経て、楽しいアルバムができあがり、一枚目としてはとても満足しています。


ユニット結成時、名前決めに手間取りました。いっそ日本語にしては?となり、紆余曲折の末、amaoto(雨音)で決着。少しずつですが、ユニットとしても活動しはじめています。そうそう、私たちの間ではライブの日は必ず雨(あるいは雪)というジンクスがあります。


そして、ソロのアルバムも制作しました。オリジナル収録曲からタイトルをとって、虹の舟。ソロアルバムって楽しいけど、自由度が高いだけに難しかったです。これまたお気に入りの一枚となりました。演奏は仁村茂さんと岸本恭一さん。とってもかっこいい演奏をしてくださっています。早く、彼らと互角に対話ができるようなミュージシャンになりたいっ!今年も大好きな歌をたくさん歌って行きたいです。